ブログネタ
お弁当生活 に参加中!
ジョエル・ロブションおべんとうの本
この本を見つけた時の衝撃といったら言葉になりません。
あのジョエル・ロブションが おべんとうだって?
しかも、和食までレシピがある模様です。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
和食で、フレンチで、フレンチ料理界の巨匠が提案するおべんとう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
フレンチ総菜編(フレンチメニューがそっくりそのままおべんとう箱に/三つ星なハンバーグとポテトフライ/タパスのようなおべんとう、ワインをもってピクニックにも/パリジェンヌ好みのカフェランチが詰まったおべんとう ほか)/和食総菜編(お花見やお誕生日、お祝いの時にぴったりなお重箱/おうちでたべる松花堂の中に詰められた和食献立/定番の卵焼きを入れたグリーンピースご飯の春らしいおべんとう/春から初夏にかけて楽しみたい素材がたっぷり ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ロブション,ジョエル(Robuchon,Jo¨el)
1945年フランスポワティエ生まれ。神学校時代に厨房の手伝いから料理の楽しさに目覚め、15歳で料理人の道へ進む。パリのレストラン「ル・バークレー」をはじめ、各地で修行を重ね1976年にはM.F.O受賞。1984年「ジャマン」三ツ星取得、1994年「ジョエル・ロブション」開店。同年恵比寿に「シャトーレストランタイユバン・ロブション」をオープン。1996年引退表明後2003年の六本木「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」を皮切りにパリ、ロンドン、モナコ、香港、マカオ、ラスベガス、台北、シンガポールと店舗を展開している。世界一多くの星(ミシュラン)を持つシェフ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


あぁ、この本のレシピどうり作ったら、めちゃくちゃおいしい料理できるんだろうなって。
ハンバーグ。
卵焼き。
作ってみたい。
でも。
やっぱり内容を確認せずには買えません。
だって、とんでもない食材だったら困るでしょ。
ありきたりの どこでも手に入るリーズナブルな食材ならいいけど。
てことで、現在購入はしてません。
まずは、大きい書店に行かなくちゃだな。

どんな食材を使って
どんな料理を作って
どんな風にレシピが書かれているのか
確認したいと思います。